読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DTM Life Station

主にDTMについてを自由に書きます

【DTM】Cubase Pro 9 について思うこと

去る12月7日、Steinberg から Cubase Pro 9 が発表されました。

12月17日、18日に同社のイベント、Steinberg Day」が予定されていたので、そこで最新版 Cubase が発表される見通しだったのですが、予想外に早く発表となりました。

 

vinneck92.hatenablog.com

 

今回は Steinberg の新 DAW Cubase 9 について思うことを書いてみます。

 

続きを読む

日本人は低音の音作りが苦手!?

海外アーティストの曲を聞くと、その低音の存在感にびっくりします。

ロックだったら、バスドラムやベースの音、さらにギターの低音部分までしっかり曲の中に残っています。低音は曲全体をボヤつかせるからバッサリ切ったほうがスッキリまとまって良い、などと書いてある DTM 教本も多いですが、彼らの低音は邪魔な低音ではなく、必要な低音なのです。

対して、日本人含めアジア人のつくる音楽には、海外ほど低音に存在感はなく、むしろ高音の綺羅びやかさの方が目立ちます。

このように、海外と日本では低音に対する見方が違っているように思うのです。日本人は低音の音作りがヘタクソなのでしょうか。

 

続きを読む

ミックスダウンとマスタリングの違い

ミックスダウンマスタリングという、DTMをやっていたらよく聞くワードがありますが、それぞれの違いをちゃんと理解していますか?

やることとしては、イコライザーを弄ったり、コンプレッサーを弄ったり、2つとも同じような工程で進められるので、混合しがちです。

今回はそれぞれの言葉の意味と、作業の役割について解説したいと思います。

 

続きを読む

ミックスダウン時に使える!イコライザーの2段掛け

皆さんを悩ませるミックスダウン作業。マスタリングも同時にやっている人も多いと思いますが、これにハマるとなかなか曲を完成することができないですよね。

一度書き出したものを聞いているうちに、「もっとこうしたい」というのがわんさか出てきて、ミックスダウンに戻り、聞き直し、ミックスダウンに戻り、聞き直し、、、っていうのを延々と続けてしまいます。

今回は、そんなミックスダウン時に使えるテクニック、イコライザーの2段がけについて書いてみました。

 

続きを読む

ダンスミュージック向け。ソフトシンセを使ってパンチのあるキックを作ろう!

皆さんはキックをどのようにして選んでいますか?

サンプル音源の中から良いものを探して使っているという方が多いのではないかと思います。

しかし、サンプル音源ばかりだと、音のキーが合っていなくて、曲に上手く馴染ませられないという状況に陥りがちです。(よね?)

ソフトシンセでキックを作れば、ピアノロールに MIDI ノートを打つので、曲のキーにあった音を出せますし、全て自分で作っているという感じが出て良いですよ!

 

ということで、今回はソフトシンセでパンチのあるキックを作ってみたいと思います!(ダンスミュージック向けです!)

 

続きを読む

高機能バーチャルアナログ・シンセ「Sylenth1」を学割で買う方法

EDM などのダンスミュージックには欠かせない肉厚なシンセサウンドを生み出すことのできるバーチャルアナログ・シンセ「Sylenth1」

通常139ユーロで購入できるのですが、学割をつかうと 30%OFF で購入できるようになります!!

今回はその方法についてご紹介します!

 

続きを読む

Steinberg Day 2016 が 12月17日、18日に開催!

f:id:vinneck92:20161103140603j:plain

毎年恒例、「Steinberg Day」が今年も12月17日、18日に開催される模様です!

例年どおりならば、このイベントで Steinberg の DAW「Cubase」の次期バージョンが発表されます。

現在のバージョンは「8.5」なので、今回は「Cubase Pro 9」が発表される見通しです。

私は長年の Cubase ユーザーなので、どんなアップデートがあるのかとても気になります!

Cubase 使いの人は首をなが~くして待ちましょう!!