DTM Life Station

主にDTMについてを自由に書きます

宅録をするときに発生するノイズ

楽器をやっている人が DTM を始めるとすぐに思うのは、「自分が演奏したものを録音いたい!」ということではないでしょうか。

せっかく楽器を使えるスキルがあるので、それを生かしたいと思うのは至極当然。

しかし!
実際に録音してみると、思った通りの音で録音するのが難しいということが分かってきます。

私も最初は、「ギターとオーディオインターフェースをシールドで繋げればいいんでしょ、簡単じゃん」と思っていましたが、実はそこには「ノイズ」という化け物が潜んでいたのです。

エレキギターやエレキベースはアンプを通して演奏することが普通です。なので、アンプのスピーカー近くにマイクを置いて音を拾えば良いのですが、そうしなくても DAW にアンプシミュレータープラグインが入っていれば、アンプから拾った音を再現できます。

アンプの種類や、キャビネット、イコライザーなどをホンモノのように調整できます。
また、エフェクターもシミュレートしているもの多く、機材として買うと高いような有名エフェクターも利用できるようになります。中には、音を拾うマイクも選べるのもありますよ。
とりあえず、DAW に標準で付いてきたプラグインを使うのもアリですね。

そんな便利なプラグインを使ってもなお、ギターやベースを録音するときに問題な「ノイズ」は隠れてはくれません。

ギターとオーディオインターフェースをシールドで接続するだけのシンプルな構成ですが、ギターから出る信号はとても小さいので、ノイズの影響を受けやすいのです。近くにパソコンがあれば、それは立派なノイズ発生源です。そこから発生する電磁波がシールドの中を通る電気信号を乱し、結果ノイズとなり出力されます。

オーディオインターフェースの質も大事ですが、シールドの質も大事です。そして、なにより大事なのが電源です。
ちゃんとアースがされているかどうかでも、全く違います。

これら問題の解決のために、「ノイズ対策」をしっかりすることが、美しい信号を取り出すための大切なステップです。

次回に続く…
広告を非表示にする