読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DTM Life Station

主にDTMについてを自由に書きます

DTM と DAW ってどう違うの?

DTMDAW っていう用語をよく耳にしますが、どちらもコンピュータを使って音楽制作することを指しています。

 

でも、私自身どう使い分けたらいいのか曖昧だったので整理してみることにしました。

 

 

DTM

デスクトップミュージック(Desk Top Music)の略です。

デスクトップは「机の上」、ミュージックは「音楽」という意味なので、机上で音楽制作すること自体を指しているのでしょうね。これは現代だからできることのように思います。パソコンが高機能化して、従来大掛かりな設備を利用して音楽制作をしていたものが机の上で完結できるようになったからです。

何チャンネルもあるでかいミキサー、アナログシンセやドラム、ギターと管楽器など、今では全てソフトウェアとしてパッケージングされてしまいました。

 

 

DAW

デジタル・オーディオワークステーションDigital Audio Workstationの略です。

「ダウ」とか「ディーエーダブリュー」とかと呼びます。

こちらはより具体的に、「Cubase」や「Logic」などの音楽制作ソフトのことを指しているように思います。DTM をするための DAW ソフトといった感じでしょうか。

DTM は必ずしもパソコンを使って音楽制作していることを指しているのではなく、机上であればよいのに対して、DAW というのは「デジタル」という単語が付いているとおり、パソコンでの音楽制作を指しているのだと思います。

なので、「おれ DTM やってるぜ!」というのが「パソコン使って音楽作ってる」ということと安易に結びつかないのだと思います。

 

 

私の中の二つの単語の使い分けはこんな感じです。どちらも音楽を作っていることには変わりないので、どうでもいい人にはどうでも良いのでしょうね……

人によっては違った意味で使っている方もいそうです……

広告を非表示にする