読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DTM Life Station

主にDTMについてを自由に書きます

Cubase を起動するためのライセンス入り USB

どんなソフトウェアでも、普通に使用するためにはライセンス登録をすることが必要ですよね。大抵の場合、ライセンスコードみたいなものを最初の画面で入力して終わるのですが、Cubase の場合は違うのです。

 

Cubase は USB メモリ型の端末(以下USB)にライセンスが入っていて、Cubase を起動する時には毎回その USB を挿す必要があるのです。

 

こういうのをハードウェアライセンスというらしいです。

 

ライセンスを挿していないと使えないというのが Cubase の嫌なところです。

普段 PC を使うときはそんなもの装着しないで使うので(ラップトップなので持ち運ぶときに USB 刺さっていると邪魔)、いざ曲作るぞ!ってなったときにいちいち USB を持ってくるのが面倒だったりします。

また、出先で USB を忘れたりすると Cubase を起動できません。

 

いやはや、とても面倒臭い……なんでこういう仕様にしたんでしょうね?

 

Steinberg さん、面倒くさいのでソフトウェアライセンスで頼みます……

広告を非表示にする