DTM Life Station

主にDTMについてを自由に書きます

Ableton Live でアレンジメント&セッションビューの移動が面倒?

Ableton Live を導入して数日経ちましたが、ここで使っていて気になったことをひとつ。

 

アレンジメントビューとセッションビューの切り替えが面倒くさくない!?

 

アレンジメントビューだけで、作業できないの?

Live には音源ごとにクリップをまとめて、ループ再生することのできるセッションビューと、その作成したクリップをタイムライン上に並べて曲の展開をつくることのできるアレンジメントビューというものが存在します。

普通の DAW は Live でいうところのアレンジメントビューしか存在しません。タイムライン上にクリップを作成して、そこに MIDI を打ち込んだり、オーディオファイルを貼り付けたりしていきます。

しかし、こうした構造だと、ライブなどで DAW を使おうと思った時に、ステージの動きに合わせて音を変えるということができません。あくまでも、あらかじめ作っておいたタイムライン上で、演奏をするしかありませんでした。

ところが、Live のセッションビューでは、その場で自由に曲の展開をコントロールでき、ライブ等での即興演奏にも対応できるようになっています。ここが Live という名前の所以たるものなのですが、普通の DAW から移行してきた僕にみたいな人にとっては少々使いづらかったりします。

f:id:vinneck92:20160907123406p:plain

これがセッションビューです。

右上のマス目にクリップを作成して、演奏中は自由に切り替えることができます。

 

はい。

 

これはこれで便利な機能ですが、普通の DAW から転身した僕はどうしてもアレンジメントビューで作業した方が慣れていて効率が良いのです。

f:id:vinneck92:20160907123357p:plain

これがアレンジメントビューです。

タイムライン上にクリップを並べて曲の展開を作っていきます。

セッションビューは取り扱いづらいので、この画面だけで作業するかーって思うじゃないですか、

 

ところが!

 

このアレンジメントビュー上でクリップの作成ができない!

鉛筆マークを点灯させてドラッグしても範囲が選択されるだけ!

どうしたらいいの!?

 

実は、アレンジメントビューにクリップを持ってくるには、一旦セッションビューに切り替えて、そっからドラッグアンドドロップしなきゃならないみたいなのです。

つまり、「曲を作るにはまずセッションビューでクリップつくってアイデアためてからにしろよ!」ってことです。

普通の DAW から乗り換えた僕にとってはこの切替がとても苦痛です。

というかセッションビューでオートメーション書けるの?書けないよね?

 

しかも、アレンジメントビューでクリップに修正を加えても、セッションビューには反映されないのです!

 

もしかしたら僕が使いかたを熟知していないせいなのかもしれませんが(←調べろよ)

 

Live は他の DAW とは違うことをしっかり認識して使えばいいのですよね。

ちょっと気になっていたので、記事にしてみました。

もし、コメント等あるかたはぜひお願い致します。(教えてください)

広告を非表示にする