読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DTM Life Station

主にDTMについてを自由に書きます

ミックスダウンとマスタリングの違い

ミックスダウンマスタリングという、DTMをやっていたらよく聞くワードがありますが、それぞれの違いをちゃんと理解していますか?

やることとしては、イコライザーを弄ったり、コンプレッサーを弄ったり、2つとも同じような工程で進められるので、混合しがちです。

今回はそれぞれの言葉の意味と、作業の役割について解説したいと思います。

 

ミックスダウン

ミックスダウンとは、別名トラックダウンとも呼ばれ、それぞれの楽器の音量を調節し整えていく作業のことをいいます。

個々のトラックの音量調節や、周波数帯域の調整を行います。具体的には、音量を展開に合わせて自動的に調節されるようにオートメーションを書いたり、イコライザーでその楽器の周波数帯域を制限して、他楽器とぶつからないようにしたりします。

この作業で曲の質が決まるといっても過言ではありません。エンジニアの個性が出るところでもあります。

最終的には、ステレオの 2mix が出来上がります。

これはマスタリングの前段階で、ミックスダウンをするまでに曲を完成させておく必要があります。

 

マスタリング

マスタリングとは、各曲の音量と音圧を調整する作業のことをいいます。

ミックスダウンが各トラックの音量を調節するのに対して、マスタリングは曲ごとの音量を調節します。

アルバムをつくる際に、曲ごとに音量が違ったら聞きづらいですもんね。

また、マスタリングをすると音圧が上がります。同じ音量で聞いているのに、マスタリング前とマスタリング後では、マスタリング後のほうが音が大きく聞こえます。

 

まとめ

ミックスダウンとマスタリングの違い、お分かりいただけたでしょうか。

ミックスダウンマスタリングは通常、別の工程ですが、最近は DAW で一気にやる人も増えているそうです。マスタリングをすると、音圧が上がるので、初めからマスタリングプラグイン(マキシマイザー等)を掛けたまま音作りをする人もいます。

近年、音圧戦争なるものがあるようで、音圧を上げたもの勝ちと思われがちです。しかし、音圧を上げたことによるダイナミクスの損失、音の劣化などを考えれば、マキシマイザーの掛けすぎは良くありません。

キレイに音圧を稼ぐ工夫をしましょう。

広告を非表示にする